三月庵民芸品店

三月庵の商品紹介など

どのような人がお祈りには向いているか

お祈りを捧げるにあたって

適性の高い人 向いている人

とはどのような人でしょうか

(そもそも向き不向きがあるのか?

という疑問もあるかと思います)

 

お祈りに向いている人は感受性が豊かで

想像力にあふれている人と言えます

 

文学を楽しむ人

音楽を楽しむ人

美術を楽しむ人

 

合わせて、芸術を嗜む方は

お祈りへの適性が高いと言えるでしょう

 

これはひとえに頭の中にある

想像力の扱いに長けているか否か

という1点にかかっています

 

映画監督でもダンサーでも

その人の想像力が高いなら

お祈りの適性は高いと言えます

 

あなたはどうですか?

 

地球、と言われてそれははっきりと

思い浮かびますか?(^_^*)

お祈りの方法

では、実際にどのようにお祈りをすれば良いのでしょうか

 


f:id:clark3:20170210121943j:image

 

このようにまず座った状態で行うのが代表的な方法です

 

結跏趺坐 と呼ばれる足を交互に組み合わせた特殊な形が正式なやり方ですが結構難しいので(私も実は結跏趺坐ができません^^;)

半跏趺坐か正座をやりましょう

特に正座は日本人であれば知らない人はいないというほど有名な座り方ですので

 

迷ったときは正座で座ってください

 

次に手の形(印)です

これも解説をすればきりがないほど種類がありますがここでは一番有名な

両手のひらをあわせる

合掌をおすすめします

 

横軸に輪っかが出来上がることで

深い集中状態に入ると

エネルギーがぐるぐるまわっているのが感じられるようになると思います

 

次に目についてです

目も意外かもしれませんが中々重要です

 

これは瞑ってしまうか

薄っすらと半目を開けるかの

どちらかでよいでしょう

(目を開けたままでも集中できる方は

それでも結構です)

 

正座して

合掌して

私は幸せでありますように

と心の中で思います

 

これだけです

簡単ですね(^_^*)

 

必要なら声に出してみても良いでしょう

 

効果が出るまでに個人差はありますが

3〜5分もやれば最初は十分だと思います

 

私は長いときでは2時間くらいこれをやっています

 

そうすると 

心がすーっと空っぽになって

晴れた空のような

澄み渡った気持ちに

心が変化していきます

 

悩みも苦しみもなく

イライラすることがありません

 

中々心地の良いものです(^_^*)

慈悲の祈りとは(やわらかいお祈りとは)

慈悲の祈りとは日本テーラワーダ仏教協会など 仏教系のコミュニティで使用されている

お祈り言葉です

 

お祈りには書ききれないほどの様々な効果があります

1例を挙げると

 

精神を安定させる

自分の願望と向き合う

(自己観賞を促進する)

 

祈る対象の印象を得る

善徳を積む 

エネルギーを回復させる

人生を切り開かせる

 

等々...

 

日本でも昔は家に神棚が置いてあり

名も無き神様を祭っていたというかたも

多いのではないでしょうか

 

この慈悲の祈り(やわらかいお祈り)は

非常にかんたんでわかりやすい言葉で書かれているのが特徴で、大人だけでなく子供でも唱えることが出来るようになっています

 

幸せになりたいな、幸せとはなんだろうか?

 

一度でもそう思ったことのある方は

是非このお祈りを使ってみてください

 

(^_^*)

 

 

 

 

 

三月庵の民芸品

三月庵では手芸品を販売しています

 

世界中でここでしか手に入りません

 

一超えちりめんが使用されたこだわりの一級品です

 

見栄え良く外出時の着用にピッタリです